会議

CHOICES ARTICLE

60歳以上の求人状況について

叫ぶ男性

定年を控えて求人のサイトや新聞の折り込みされている求人募集をみていますが、ほとんど職種が限定されていることを実感しています。
正社員で多いのは総合スーパーの警備員で、近所のスーパーでも見かけるのでわかります。次はタクシーの運転手ですがかなり職務としてはきつそうなイメージがあります。設備メンテナンスの募集もありますが、3年以上の経験者という条件つきが多くて同じような仕事を体験そていないと採用されることは難しそうでです。資格自体は持っているのですが、どこまで認めてくれるのかは不明です。
デパートや事務所、工場の清掃職も多くの求人がありますが、女性トイレ清掃有の項目があると必然的に女性を求人しているのと同じだと思うので、採用されることはなさそうです。
介護職も求人がありますが、2交代制や給料が安いこと、重労働など世間で言われていることがわかる求人欄になっているので、よほど覚悟しないと応募する勇気はでてきません。
正社員ではなくアルバイトの求人は意外に多くあります。臨時の工場組立業務や近所のハンバーガー店やパン屋さんなど食品関係が多いみたいで時間の融通も利くので短期間でしたらアルバイトで働いてもいいかなと思っています。
60歳以上の求人は高齢者社会といわれながら、求人数からいうと狭き門であることは事実なのでもう少し異なる職種もあってもよいのではと思っています。

TOP